• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 新着情報 > クラウスマッファイグループの新戦略

クラウスマッファイグループの新戦略

- クラウスマッファイグループはビジネスモデルの他デジタルサービスおよび製品を拡大
- 前年を上回る受注と販売
- 過去最高レベルの従業員数と実習生
- 上海証券取引所上場の承認手続きは完了間近

クラウスマッファイグループの新戦略

<ミュンヘン 2018年10月17日>

現在クラウスマッファイグループは再構築を進めています。「コンパス」という名の下、2本柱の戦略を開発しました。実績あるプラスチック機械の製造に加えて、この新しい戦略は、デジタルサービスや製品の他新しいビジネスモデルの強化と加速を目指しています。そのため7月には新しいデジタルサービスソリューションビジネスユニットが設立され、将来のグループの売上に大きく貢献することを期待されています。この新戦略は、当初2023年までの5年間で計画されています。

クラウスマッファイグループは、成長路線を進んでいます。デジタルサービスおよび製品、ならびに「Rent It」機械レンタルモデルといった新規事業のシェアは、今後数年で着実に増加が見込まれます。これに対応するために、7月に新ビジネスユニット「デジタルサービスソリューション」が立ち上がりました。「クラウスマッファイは、デジタル化時代においてお客様のニーズに一貫して取り組んでいます。今後数年の間に当社のビジネスモデルを大幅に拡大し、高いレベルの機械専門知識にデジタルの優位性を付加していきます。つまり将来的に我々は、従来通りお客様に高品質の機械を販売するだけでなく、機械の付加価値を創造していきます。我々は世界中でいつでもお客様に優れたサービスを提供し、魅力的な提案を行っていきたいと考えています。」と、クラウスマッファイグループCEO Frank Stielerは説明します。

IJ1812256.jpg










2018年の事業の進展

現在の会計年度において、肯定的な発展が見込まれています。最初の3四半期において、受注は10億5,000万ユーロに達しました。これは、前年同期比で2.5%の増加に相当します。売上高は9億7300万ユーロでした。これは1500万ユーロ(1.6%)の増加に相当します。

従業員数も大幅に増加しました。現在グループ全体の従業員数は、実習生も含めて約5,500名、過去最高です。2016年の終わり以来、世界で618の新しい雇用が創出されました。これはわずか2年足らずで従業員数が13%増加したことになります。「私は、今まで以上に310名の実習生を将来のプロとしてのキャリアに向け認定していることを、たいへん嬉しく思っています。」と、Stielerは話します。

上海証券取引所上場は承認間近

上海証券取引所への上場計画は、年内に承認される見込みです。中国当局は、現在クラウスマッファイの親会社であるChina National Chemical Corporationの審査を行っています。「上場のプロセスは、計画通りに進んでいます。中国証券監督管理委員会は数週間以内に承認してくれるでしょう。」とCEO Stielerは話します。



2018/12/20