• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 電線被覆ライン

電線被覆ライン

電線被覆ラインは、芯線繰出機、プレヒーター、押出機、冷却水槽、引取機、アキュームレーター、 巻取機から構成されるのが標準的なラインです。
弊社では、プラスチック押出機、ゴム押出機の両方をラインナップし、フッ素樹脂やシリコーンにも対応できます。 サイズも極細線から太物電線まで多くの実績があります。
電線被覆ライン
  
光ファイバー被覆ライン
  

▲このラインの主要部分
  
本設備は石英系ファイバーを使用した光ファイバー被覆ラインです。
ヘッドには自社製の二層無調芯クロスヘッドを採用しています。
サプライスタンドはトラバースピッチを0.1mmから設定可能なドラムトラバース式を採用しています。
巻取機はボビンの自動切り替えが可能なシングル自動巻取機を採用しています。

    
製品詳細 
  
自動車用電線ライン
  

▲このラインの主要部分
  
本設備は導体にアルミを使用した自動車電線ラインです。
自動束取結束装置には自社製小型結束ヘッドの採用や束取時の張力が一定になるようにテンションスタンドを設けています。
また、太物と細物の生産が兼用できるように、サプライスタンドはデュアルフード式と繰出式の2種類を設けており、押出機に関してもそれぞれ専用の押出機を設けています。

    
製品詳細 
  
CV電線製造ライン
  

▲このラインの主要部分
  
本設備は絶縁とシースを一括で行うCV電線製造ラインです。 一般にPEは絶縁特性が良好である反面、耐熱特性に弱点があります。PEを架橋する事でこの点が改善されます。本設備ではシランカクテルとPEをホッパー部から供給し、シリンダー内部でグラフト反応を起こさせるワンステップ方式を採用しています。従来のツーステップ方式と比較して設備面、工程面及び材料面で大幅に改善することが可能です。
また、ラインを停止せずに色替えを行えるHSフローチェンジャーを採用し、段取り時間や歩留まりが大幅に向上しています。
電気制御については繰出し ~ 巻取りまで手掛けるフルラインの強みであり様々なライン制御を行っています。あらかじめ設定された条長により、品種切り替え時の色替えやドラム切り替え時の速度制御を自動で行っています。また、被覆が安定できるよう、繰出し側の張力を一定に保つ独自の制御を行っています。
サプライスタンドやデュアル巻取機にはタイヤ駆動方式を採用しています。

    
製品詳細 
  
シリコーンゴム電線ライン
  

▲このラインの主要部分
  
本設備は耐熱性、耐寒性、柔軟性の優れたシリコーンゴムを絶縁体として使用する電線製造ラインです。
サプライスタンドや巻取機、引取機の製作はもとより、自社製のプレヒーターや加硫炉まで含むフルラインとなります。
また、生産速度に応じて被覆後の電線を加硫炉に2回通せるような機構を設けております。
巻取機においても二連式の自動巻取機を採用しています。


    
製品詳細