• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 製品情報 > 電線被覆装置 > 誘導加熱式プレヒーター

製品情報

  • ゴム押出ライン
  • プラスチック押出ライン
  • 電線製造ライン
  • Krauss Maffei製品
  • THE Machines製品
  • Corelco製品
  • Mecanor製品
  • Durferrit製品
  • CJTEK製品
  • GBIE製品

誘導加熱式プレヒーター

  • new

近年 製品の品質維持や高速化、歩留まり改善などの様々な面からプレヒーターがケーブル製造現場では必要不可欠な存在となって来ています。

弊社のプレヒーター(Q5シリーズ)は、1993年に独自技術により1号機を開発、販売して以来もうすぐ30年を迎えます。その納入実績や、お客様の声からの貴重なご意見を参考にして、性能はもちろんのこと使い勝手なども改良、改善を積み重ね、ご使用頂いたお客様からはリピートオーダーも頂き、高い評価を得ております。

Q5シリーズは単線φ0.25~φ3.8㎜、撚線0.05~8.0sqの線サイズに応じた3機種を揃えております。

PJ2006213_1_1 .jpgpj2006213_2_3_2.jpg












(写真:Q5L-1525C)                         
 <拡大>

製品の特長・紹介

1.省エネ

電源は三相電源を内部で一旦直流化しているため、無効電力分が少なくランニングコストも経済的です。

2.線速追従

ライン速20m/minよりライン速に追従し、線の加熱温度を制御しているため立ち上げ時、立下げ時も通常の生産速度と同じ品質で生産出来るためロス線を軽減出来ます。

また外気温を常に監視しており、夏冬の温度変化に対して条件変更なしで自動追従致します。

3.省スペース

800HZの高周波トランスを使用しているため装置全体がコンパクトにして最小限のスペースに設置することが出来ます。

4.操作性

タッチパネル上で線サイズ、線速、温度の条件を設定することで、生産中に微調整を行うことなく運転開始が出来ます。

またレシピ画面に登録した条件を呼び出すことで作業者の技量に関係なく、再現性のある運転が短時間で開始されます。

5.充実した標準装備

・機械的には入線部に非接触式断線検出器、出線部にはエアークランプ機構を装備しているため断線時などに役立ちます。

・安全面や機械保護の観点より各種の加熱インターロックや異常検出機能を設けており制御面の機能も充実しています。

6.セミオーダーメイド

装置本体の機能は弊社標準仕様のためご要望に合わせた設計製造はお受けできませんが、塗装色をラインと同じ色に塗装したり、前扉をライン勝手や作業に合わせて右開きや左開きの選択、移動機構をキャスター式(標準)からレール移動式(オプション)への変更が可能です。

7.温度フィードバック制御

標準は設定値に近い導体表面温度で加熱出来るよう銅の抵抗値から線サイズに応じた電流を流すように内部プログラムにより制御していますが、実際の導体表面温度を管理していないため、銅100%でない場合やスズメッキ線のように表面をコーティングしている場合は電気抵抗値が変わり誤差が発生します。また放熱により線サイズや線速によっては設定値より温度が低くなってしまいます。オプションにより非接触式温度計によるフィードバック制御を設けることで、設定値により近い温度条件で生産することが出来ます。

pj2006213_3_3_2.jpgPJ2006213_4_1.jpg







<拡大>


【ご参考】

PJ2006213_5_1.jpgQ5シリーズが使用出来ないシース線やファイバーケーブル、太物ケーブル用の予熱装置として、温度制御は出来ませんが電熱炉の放射熱を利用した右の写真のような円筒ヒーター式予熱装置も準備しておりますので、用途や線径などお気軽にご相談下さい。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ