• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 製品情報 > 電線被覆装置 > 超臨界炭酸ガス発泡押出機

製品情報

  • ゴム押出ライン
  • プラスチック押出ライン
  • 電線製造ライン
  • Krauss Maffei製品
  • THE Machines製品
  • Corelco製品
  • Mecanor製品
  • Durferrit製品
  • CJTEK製品
  • GBIE製品

超臨界炭酸ガス発泡押出機

  • new

樹脂への溶解度に優れ微細発泡を可能にした次世代の発泡技術

近年、自動車や家電等の業界ではITやIoTの飛躍的な発展により、大容量の情報を低ノイズで送れる通信ケーブルの開発が求められています。 本技術は、これらの要求を解決するため、二酸化炭素を超臨界状態で使用し、気泡を微細化することによりケーブルの発泡ケーブルの細線化を実現することを目的に開発しました。

※本開発は、戦略的基盤技術高度化支援事業(通称:サポイン)平成27年度採択研究開発プロジェクトに基づきます。

PJ2101226_2_240.jpg






<通信ケーブル断面図の細線化>
<拡大>

製品の特長・紹介

1.ガス注入方法は溶解ユニットを使用したタイプとシリンダー部より直接注入するタイプの2通りの方法で、用途や樹脂、押出形状などによりご提案が可能です。

2.樹脂への溶解度は窒素ガスと比較して約5倍。

※ポリプロピレン樹脂200℃/15MPa時の溶融度10%(N2ガス:2%)

3.気泡径が10~50μmと超微細発泡が可能なため、被覆表面が滑らかでケーブルの屈曲性も優れています。

※化学発泡時の気泡径:200~500μm、N2ガス発泡時の気泡径:50μm前後

4.ガスの注入圧も常用20MPa(MAX.30MPa)と窒素ガスに比べて、低圧で注入することが出来るため、安心してご使用になれます。

※N2ガス注入圧力: 50MPa(MAX.70MPa)


発泡被覆断面のSEM画像

HDPE樹脂に超臨界二酸化炭素を約6wt%含侵・拡散させφ0.3mmの導体(銅単線)に線速100m/minの条件で被覆したものを、凍結割断にて断面サンプルを採取しSEM観察したものです。

①成形中にインライン計測器により採取されたデーターでは、被覆外径はφ1.26mm、静電容量は55~60pFで低誘電率化が達成できていると考えられます。

②X線CTスキャン解析の気泡径分析結果では、平均値、中央値、最頻値はおおよそ35~45μmの範囲に分布しています。

PJ2101226_3_240.jpg

PJ2101226_4_240.jpg

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ