• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 製品情報 > 電線被覆装置 > 平角線被覆ライン 

製品情報

  • ゴム押出ライン
  • プラスチック押出ライン
  • 電線製造ライン
  • Krauss Maffei製品
  • THE Machines製品
  • Corelco製品
  • Mecanor製品
  • Durferrit製品
  • CJTEK製品
  • GBIE製品

平角線被覆ライン 

  • new

PJ2206248_1_240_185.jpgPJ2206248_2_221_185.jpg










温暖化防止対策としてCO2削減が求められる現在、その大半を占める自動車がハイブリッド車や電気自動車などモーター駆動への移行が急加速しております。

モーターコイルに使用される平角線に絶縁層被膜して、電気抵抗や耐熱性、強度などの開発が各社凌ぎを削って商品開発を行っており、今後も大きな需要が見込まれる業界です。


三葉製作所の平角線被覆ラインは、PPS樹脂やPEEK樹脂などスパーエンプラ対応の押出機を中心にミクロンオーダーの被膜を樹脂切れなく被膜出来ることを目的に工夫を施したラインとしてのシステムとして設備を提供させて頂いています。

製品の特長・紹介

1.押出機

被覆厚100μm以下の樹脂を吐出精度よく押し出すため、スクリュー径φ14㎜からの小径押出機を取り揃えています。シリンダー加熱温度や押出トルクによってスクリューやシリンダーの材質など使用される樹脂の特性に合わせた個別設計で対応させて頂いています。

2.クロスヘッド

クロスヘッドは、平角線の全周を均一な厚みで被覆するため、樹脂の粘度データーを基に流路設計を行っています。

3.予熱装置(プレヒーター)

PJ2206248_3_240_186.jpg

樹脂切れすることなく、薄厚被覆を行うためには被覆前の平角導体を加熱する予熱装置が本ラインの必須アイテムと言っても過言ではないと考えています。

導体サイズにもよりますが、弊社では自社開発の電気抵抗による導体加熱を行う誘導加熱式プレヒーター(詳細はこちら)を採用することで、ライン長を短く、ライン速アップに繋がります。



4.捻じれ及び曲がり取り対策

腰のある平角導体をクロスヘッド内で引っ掛かることなく通過させるためには、給線ドラムでの曲がり癖を取る矯正機や真直ぐに通過させるため、ドラムトラバース方式のサプライスタンドを採用するなど付帯設備についても工夫を施しています。

PJ2206248_4_240_224.jpg

ドラムトラバース式サプライスタンド

給線ドラムから平角導体を捻じれや捩れなく真直ぐにクロスヘッドを通過させるためドラムをトラバースさせています。







PJ2206248_5_240_261.jpg

矯正機

給線ドラムでの巻癖を矯正する装置です。











被覆後についても同様に平角線を捻じれや捩れなどなく、綺麗にドラムに巻くため、千鳥タイプのアキュームレーターやサプライ同様にドラムトラバースタイプの巻取機をお勧め致します。

アキュームレーターを加えることで生産機としての連続運転に対応しています。


PJ2206248_6_240_213.jpg

千鳥タイプ縦型アキュームレーター

ケーブルの捩ることなく横配列された移動滑車を上下さて貯線を行います。







PJ2206248_7_240_229.jpg

ドラムトラバース式自動巻取機

ドラム交換を作業者を介さずに行う自動巻取機です。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ