• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 製品情報 > プラスチック押出機 > フッ素樹脂押出機

製品情報

  • ゴム押出ライン
  • プラスチック押出ライン
  • 電線製造ライン
  • Krauss Maffei製品
  • THE Machines製品
  • Corelco製品
  • Mecanor製品
  • Durferrit製品
  • CJTEK製品
  • GBIE製品

フッ素樹脂押出機

耐食材質を使用した専用機

フッ素樹脂は、耐薬品性、耐熱性、電気絶縁性、低摩擦性などの特性より、チューブや配管、ライニング、ケーブルなどの様々な分野で使用されています。近年では、半導体産業の市場で使用率が高くなって来ています。

PJ2109238_1_175_240.jpg

三葉製フッ素樹脂押出機は、フッ素ガスの腐食によるコンタミ防止対策として、流路部の耐食材質以外の細部に至るところにも耐食対策を施しています。








                                                                                                                                           写真 :チューブ押出用40㎜フッ素樹脂押出機

製品の特長・紹介

1.押出機サイズのバリエーション

最小スクリューサイズφ14㎜からφ50㎜までの各サイズを用意しています。

  注:φ50㎜以上については材質等の制約条件があるため別途ご相談下さい。

PJ2109238_2_176_240.jpgPJ2109238_3_204_240.jpg










       チューブ押出用14㎜フッ素樹脂押出機           電線被覆用30㎜フッ素樹脂押出機

2.フッ素ガスによる腐食対策

シリンダー、スクリュー、ヘッド部など直接 樹脂が触れるところは、当然のこと耐食性金属を使用しています。それ以外に逆流したフッ素ガスをホッパー部の隙間からシリンダー内側に入り込まないよう工夫など細部にわたり、腐食対策を施しています。

3.シェルクランプ式ヘッド接続

PJ2109238_4_150_198.jpg

押出機とヘッドの接続は、標準仕様で手動式シェルクランプを採用しています。シェルクランプ方式はフランジ全周を均一に包み込むように締めこむため、従来の4本ボルト方式に比べ、片締めによる樹脂漏れを防いでいます。

  注:シェルクランプは強度を保つため、ニッケル系メッキのみの腐食対策のため、消耗品
              という認識で承知下さい。





《フッ素樹脂押出機を使用した代表例》

PJ2109238_5_231_140.jpgPJ2109238_6_183_140.jpg






                     50㎜フッ素樹脂チューブライン                                      FAケーブル用二層フッ素樹脂電線ライン

PJ2109238_7_550_156.jpg

                                                            燃料系ホース用フッ素樹脂/ポリアミド二層チューブライン

PJ2109238_8_2_319_156.jpg

                                                                        熱収縮チューブ用薄肉フッ素樹脂チューブライン

                                                        詳細は、こちらへ

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ