• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 製品情報 > ゴム押出機 > ゴム用ギヤーポンプ

製品情報

  • ゴム押出ライン
  • プラスチック押出ライン
  • 電線製造ライン
  • Krauss Maffei製品
  • THE Machines製品
  • Corelco製品
  • Mecanor製品
  • Durferrit製品
  • CJTEK製品
  • GBIE製品

ゴム用ギヤーポンプ

  • new

近年の品質や精度、歩留まり向上という面より、カレンダー供給用、熱入れ、異形、チューブ・ホース押出、ゴム生地前成形などゴム製品製造分野ではギヤーポンプが不可欠な存在になりつつあります。

三葉製作所では、ギヤーポンプの必要性を感じ、国内でいち早く独自開発のゴム用ギヤポンプを2007年より販売しております。

様々な用途でご使用できるよう低吐出用から大吐出用までの18機種のラインナップを取り揃えおります。

また長年の販売実績より、お客様のニーズを参考に清掃面やメンテナンス面の改良にも取り組んでおります。

製品の特長・紹介

1.豊富なラインナップ

標準昇圧タイプ、高昇圧タイプ各9機種(全18機種)のラインアップを取り揃えています。

押出量や用途に合わせてより最適機種をご提案いたします。

PJ2103228_2_600.jpg

2.軸受及びシールリング

標準機は、ゴム材自体を軸受部から漏らして潤滑剤の役割を果たしておりますが、ゴムの種類によっては、粘着性があり清掃しにくい材料には、軸受とシーリングの構造を変えて、ゴムを排出せずにギヤーポンプ出口側から入口側に戻すことも機構をオプションで追加することが出来ます。

3.耐摩耗処理

ゴム自体が潤滑剤の役割を果たすため、ゴムの種類やフィラー等が多く含まれる配合によっては、ギヤー軸、軸受及びシールリング、ハウジングの摩耗が懸念されます。

特殊コーティングによる耐摩耗タイプをご用意しています。(オプション)


PJ2103228_3_240.jpg

4.メンテナンス性

標準タイプは右図の白色部分と青色部分のハウンジングが一体構造ですが、ギヤーとハウジングのメタルタッチやゴムとの接触により摩耗が激しい中央の青色部分を分割した三分割タイプもバージョンに加えたことでメンテナンス性も容易になり、消耗品コストも削減出来ます。(オプション)



ギヤーポンプ応用例の紹介

1)RMR(ローリングミルロール)付ギヤーポンプ

カレンダーロールで混練したゴムをホットフィードの状態で直接 ギヤーポンプに投入するなどで熱入れや混練を必要としない場合は、押出機の代わりに二本ロールによりゴムをギヤーポンプに投入するRMR(ローリングミルロール)式もあります。

押出機を使用しないため、省スペース・省エネ・材料ロスなどのメリットがあります。

PJ2103228_4_240.jpg

PJ2103228_5_240.jpg

ギヤーポンプとRMR部を油圧シリンダーによる開閉機構(オプション)もお選び出来ます。大型ギヤーポンプの清掃時やメンテナンス時の作業改善に役立ちます。

PJ2103228_6_1_500.jpg

2)ギヤーポンプ付ゴム押出機

ゴム押出機は搬送、熱入れ、混練、計量という機能をスクリューで行っているため、計量部で昇圧によるゴム温の上昇が避けられませんでした。

ギヤーポンプ付ゴム押出機は、昇圧を必要としないギヤーポンプの計量機能と搬送・熱入れ・混練という押出機の両方の特長を生かし、欠点を補う最適な組み合わせです。

熱入れや混錬が必要なコールドフィード(外気温以下の冷めた材料を投入)材を使用する場合、チューブやシートなど製品成型用には押出機と組み合わせたギヤーポンプ付押出機がお勧めです。

ギヤポンプ付押出機の特長についてはこちらをご覧ください。


PJ2103228_7_240_140.jpgPJ2103228_8_147_140.jpg

3)コニカルフィーダーとの組み合わせ

PJ2103228_9_240.jpg

ロールで練った後のゴムやリボン状にし難い材料などを塊状で投入したい場合などに入口の広いコニカルフィーダーと組み合わせてストレーナー用途で使用したり、重量バラツキ精度を要するプレス前のプレフォーマーとして使用する場合に効果を発揮します。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ