• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > 製品情報 > ゴム押出機 > 加硫槽

製品情報

  • ゴム押出ライン
  • プラスチック押出ライン
  • 電線製造ライン
  • Krauss Maffei製品
  • THE Machines製品
  • Corelco製品
  • Mecanor製品
  • Durferrit製品
  • CJTEK製品
  • GBIE製品

加硫槽

LCM加硫槽

溶融塩を使用した液体を触媒にした加硫方式。

PJ2203244_1_240_181.jpg

特長

・他方式(UHF、HAV、PCM)に比べて発生ガスが
    少なく、空気に触れずに加硫するので酸化・劣
    化が少ない。

・熱媒体が液体なので温度コントロールが容易。

・ワーク全周にムラ無く均一に温度がかかる。

・空気に触れない為、パーオキサイド(有機過酸化
    物)加硫剤を使用した加硫にも効果的。


PJ2203244_2_240_90.jpg

縦型加硫槽

特長

PJ2203245_2_106_240.jpg

・ワーク表面が硬化するまで無接触状態を保持して加硫するた
    め、ベルトやガイドロール等の跡が付きません。

・上方に真円を保ちながら加硫を行うため、チューブの潰れが心
    配な肉厚の薄いチューブや粘度の低い材料を使用したチューブ
    に最適です。

・ベルトやガイドロール等の接触物が無いため、下面に突起物の
    ある異形状の製品の加硫にも最適です。

・ワーク全周に渡り、均一な温度で熱を加えるため加硫ムラの無
    い良品質の製品が生産出来ます。

・長手方向の設置スペース要りません。



PJ2203245_1_240_178.jpg

PJ2203245_3_220_147.jpg


















群生ローラ部(特許取得)

・ワークがすべらないように駆動付ガイドローラを使用。

・ワークがガイドローラの中心に来るように溝付きガイドローラを使用。

・ワークのサイズが変わっても炉内の中心に来るように入口部、出口部のガイドローラが調整
   できる。

HAV加硫槽

最もオーソドックスな熱風による加硫方式。

特長

・加硫系に関わらず加硫が可能。

・設置スペースの制約で炉長を稼げない場合、3段式などで対応可能。

・特殊な断熱構造を採用し、安全性をUP。

PJ2203246_1_240_157.jpg

プレ加硫槽

特長

・ワーク表面にベルトやガイドローラの跡が付かないように円筒型ヒータを使用。

・ワーク断線時や停止時に、安全対策として炉全体をスライドさせる機構付。


PJ2203247_1_240_185.jpg